スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末は釣りに出かける☆


・・・・・コートダジュールjumee☆surprise11jumee☆a?

DSCN2705.jpg
・・・いえ、熱海ですjumee☆ufu1べ

DSCN2709.jpg
実家の両親に相談があり連絡をしたら、熱海にいると!!
たどりついたその夜は疲れて寝てしまいzzz
翌日は早朝から船に乗せられ初島へ!船波

DSCN2712.jpg
あ、見えてきたパラダイス

DSCN2717.jpg
・・・・両親は釣りフリークなのです釣り人

DSCN2719.jpg
あ、釣れた・・・小ちゃいべ
おじいちゃまと孫smile共に釣るオンプB2の図

DSCN2725.jpg
妹と雑談をしながら島内散策みずたまこ

DSCN2726.jpg
・・・南国の雰囲気やしの木

DSCN2729.jpg

遠くに見えるは・・・富士山富士山
DSCN2731.jpg

結局、何を話すでもなかったのですが、
のんびり水面を眺めながら・・・
ぶらぶらお散歩しながら過ごした
家族とのひとときjumee☆faceA10
DSCN2736.jpg

海にも山にも近い
東京ってなかなかイイはーと


DSCN2733.jpg

リフレッシュして家路へjumee☆faceA3
DSCN2740.jpg

お仕事ブログはコチラ http://ameblo.jp/miwakowatanabe/







テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

休日モード☆週末家族スキー 蔵王で樹氷を楽しむ編 ②


温泉で温まり温泉お腹も一杯になったら
http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/blog-entry-72.html
夜の樹氷ライトアップツアーへお出かけです。

DSCN2409.jpg
ロープウェイを乗り継いで頂上へ向かいます。

DSCN2414.jpg
・・・遊園地みたい笑い。笑い。

DSCN2425.jpg
・・・あ指樹氷雪の結晶雪jumee☆snowman1R神秘的です。

DSCN2415.jpg
頂上に降り立つと-15℃ぉぃっ寒絵文字名を入力してください
プラス地吹雪状態で体感温度-25℃、というところでしょうか・・jumee☆faceA134風

DSCN2421.jpg
雪の中のモンスター達怪獣みたいで可愛い風景です。
・・・・・寒くなければぉぃっ寒ぉぃっ寒風

DSCN2433.jpg
・・・子供に寒さは関係なし?

DSCN2458.jpg
昼間の風景はこんなカンジ
樹氷を満喫しながらのスキーはオツですGOOD
(スキー上級者の場合あ焦る3
DSCN2416.jpg
目も開いていられないほどの吹雪、写真で見えます・・・・?

DSCN2428.jpg
・・・体が冷え冷え・・
DSCN2440.jpg

<温泉へ駆け込みいそげ急ぐ

DSCN2439.jpg

・・・・・ほーっと一息jumee☆faceA10生き返ります

DSCN2436.jpg

翌日も・・・
DSCN2459-1.jpg
のんびりペースで にんまり   DSCN2461.jpg

DSCN2463.jpg 青空スキー空

これは上級者 → DSCN2469.jpg

DSCN2476.jpg ← こっちがワタクシタチふるーつ☆Cultivation・笑(小)

絵文字名を入力してくださいえぇ また食べてるぅ"絵文字名を入力してくださいDSCN2477.jpg(今度は山形手書き風シリーズ44ブタしゃぶしゃぶルン♪

お仕事ブログはコチラ★ameblo.jp/miwakowatanabe/


www.mareesia-gcl.jp


休日モード☆週末家族スキー 蔵王で樹氷を楽しむ編


台湾出張で留守にしてしまい
http://miwaco11mgc.blog39.fc2.com/blog-entry-67.html
ママの役割名誉挽回?すべく、家族旅行を企画(・・・ダンナ様がべ)(感謝ニコ!)
皆で蔵王へスキーに行きました。

DSCN2389.jpg
お部屋からの景色↑
目の前はすぐゲレンデはーと
口コミ評価の高い温泉付きはーとはーと温泉に魅かれて
蔵王国際ホテルにしました。

スキー初心者なので快適性重視ですjumee☆faceA10

東京からほんの数時間でこの景色の変化は感動ポ


DSCN2470.jpg
すいていることも大事べ
スノーボードがびゅんびゅん絵文字名を入力してくださいだと怖いのですが、
ここはゲレンデの数が多いので大丈夫。

DSCN2454.jpg
・・・・ですが、ゲレンデとゲレンデの連絡が
あまりよろしくなく、歩く距離が長いことものー
運動になります羅琉 ニヤリ絵文字名を入力してください

DSCN2401.jpg
気温は-5度げろげろー!
ホテルに戻り温泉へ・・・・いそげルン

DSCN2444.jpg
・・・期待をふくらませる温泉への廊下。
100%源泉かけ流し緑のきらきら硫黄の白濁温泉jumee☆excite1bらしい・・・・

DSCN2450.jpg
・・・・足湯も発見

DSCN2395.jpg
山小屋風の造りの貸切風呂。

DSCN2393.jpg
湯けむりごしに見える湯船はいいカンジルン♪ルン♪

DSCN2392.jpg
わーいバンザイ本当に白濁していて硫黄の香りの湯です。
あったまりますポ広くて快適jumee☆faceA10jumee☆faceA10

DSCN2396.jpg
肌がしっとりするこの湯質はイイです。

DSCN2398.jpg
“二日酔いと恋の病が治る水”jumee☆loud laugh4

DSCN2404.jpg
夕食は山形牛のしゃぶしゃぶあ
お料理が次から次へと運ばれてきてボリュームがすごいですきゃっ

DSCN2405.jpg
ロビーではマリンバの演奏がうふとても素敵。

・・・・・・温泉で温まりjumee☆faceA10しゃぶしゃぶでお腹も満足jumee☆faceA6
これから夜の樹氷ライトアップツアー星に出かけます
→アイコン名を入力してください(続く)



お仕事ブログも見てねhttp://ameblo.jp/miwakowatanabe/


www.mareesia-gcl.jp

テーマ : 楽しく生きる - ジャンル : ライフ

休日モード☆山中温泉 こおろぎ橋

DSCN2095.jpg
のんびり温泉山中温泉は鶴仙渓沿いの
露天風呂でリフレッシュ中jumee☆coffeebreak1LRL
こおろぎ橋のたもとの旅館です。みやこわすれの宿
紅葉の時のこおろぎ橋はこちら↓

DSCN2100.jpg

雪が降るとこちら↓

DSCN2104.jpg
四季折々が美しいポ


DSCN2074.jpg
離れの客室は、和室や寝室の他に掘り炬燵式ダイニングがあって快適ゴロゴロ
和室にベッドがあるとお風呂に入りながら
ゴロンゴロンできて休まりますはーと

DSCN2094.jpg
お風呂⇔ベッド⇔掘り炬燵⇔和室
それぞれ思いのまま、それぞれのスタイルでぐた~ゴロゴロ
と過ごしますニッコリ笑顔

DSCN2076.jpg
子どもにとってはちょっとしたプールのような
部屋付き露天風呂jumee☆bath4
さすが、芭蕉が「扶桑三の名湯」と賞するだけあって、不思議な程
身体が温まります。
そんなに熱いお湯ではないのに、でてくると血管拡張作用が強くて真赤っかjumee☆faceA10しばらくじんわり温かくて
気持ちイイ~

下を覗くと目ゴ~汗渓流の流れがダイナミック山と池

DSCN2080.jpg

川沿いには鶴仙渓の景勝地を堪能できるちょうど良いお散歩コースがあり、
山中温泉の街中をまわって一周小一時間です。
DSCN2084.jpg
この「あやとり橋」は芸術的。
DSCN2082.jpg
草月流家元がデザインしたS字にカーブした不思議な橋です。

DSCN2088.jpg
がっちりした構造なので、渡るのはコワクない!OK


DSCN2091.jpg

橋の下を覗くとゴ~汗大聖寺川の渓谷を一望できます。

DSCN2107.jpg
お腹がすいて戻ってきたら
ゴハンだ~ニコ

DSCN2109.jpg
蟹のお刺身テンコモリ蟹
DSCN2116.jpg
コチラは焼きガニかに
ご主人自らが腕をふるう料理。鮎の季節には全部ご自分で釣ってこられるそうです釣り人息子さんも板前さんで京都にて修業中、
その奥様はパティシエコック帽チョコムースだそうです!
亀寿司ご主人情報smile-8

お仕事ブログはコチラ

www.mareesia-gcl.jp






テーマ : 楽しく生きる - ジャンル : ライフ

休日モード☆永平寺

DSCN2134.jpg
祖父のお参りに曹洞宗大本山永平寺へ向かいました。

DSCN2135.jpg
永平寺は、約760年前に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場で、
境内は三方を山に囲まれた深山幽谷の地に大小70余りの建物が並んでいます。
DSCN2131.jpg
お堂に続く長い階段。
どこも驚くほどきれいに磨かれてピカピカです。

DSCN2128.jpg
天井絵の大広間(傘松閣)。
著名な画家144名による230枚の花や鳥を中心に描かれた
美しい色彩画です。
DSCN2137.jpg
僧侶の方より、僧堂(修行僧が坐禅、食事、就寝などを行う道場)、
東司(とうす・お手洗い。心身共に清浄となることを心がける道場と考える)、
浴室は三黙道場といって一切の私語は禁止されているなど
厳しい修行のお話も伺いました。
娘に“親子で修行に来る?”と聞くと
硬い表情で首を横にふっていましたsmile-8

DSCN2138.jpg
背筋がぴんと延びる
心が洗われるひとときを過ごしました。



テーマ : 楽しく生きる - ジャンル : ライフ

最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。