スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を養い☆感性を磨く 台湾研修旅行④~心をつなぐ絶妙メニュー編

DSCN2301.jpg
宴は続きます・・・
二日目の夜は国賓大販店(Ambassador Hotel)内の川菜庁という
レストランにて台湾大学の先生方と会食。
http://ameblo.jp/miwakowatanabe/entry-10200482660.html

DSCN2300-1.jpg
大好きな北京ダックあひる

DSCN2302.jpg
こちらはパフォーマンス付きデザート。

バナナバナナのディープフライを↓
DSCN2304.jpg

↑熱いうちに水あめにからめ、パリっと固まったところを頂くデザートはーと絶品はーと

他にも今までの中華料理とは一味もふた味も違う
美味料理が並んだのですが、エライ先生方とご一緒だったのと
おしゃべりに夢中になってお写真がとれませんでしたごめん

DSCN2365.jpg

次の日も、その次の次の日も・・・毎食数えられないほどの絶品料理が並び・・・
数年前まである大学病院で小児科医として激務をこなしていた
藤井先生が、“こんなに幸せで、長生きしなきゃな~”とつぶやきました。
現在のクリニックも相当な患者数で外来診療はかなりのハードワークであるはずですが、
大学病院に勤めていた頃は、1年間で夏休みの7日間しか休みがなく、
そのほかの日は土日も入院患者さんの管理を任され、院外にいる時も
携帯電話の呼び出しを聞き逃さないように、電話機を手首に巻きつけていたそうです。
それだけ忙しいと、心身ともに疲れ果てて何に対しても無感動、虚脱状態であったとのこと。
職場を移り、こうして美味しいものを食べたり、休日にでかけられるようになって
“死んでいられない(楽しいことはたくさんある)”と感じたそうです。

また身近に日本の医療制度に押しつぶされそうだったドクターを見つけました。
でも、今まで知らなかった一面を見たり、
考えを聞けるのは、こうした団体旅行の醍醐味です。

そして、美味しい料理は皆の心を和らげ
饒舌にしますニッコリ笑顔
クリニックに関わるいろいろなドクターや
関連スタッフの皆さんと
交流できて、信頼関係が深まった上でのこれからの業務は
内容に厚みがでます。


DSCN2312.jpg
フルコースのあとは夜市探索、夜遊びに出かけましたきゃっ

DSCN2317.jpg
エキゾチックな雰囲気に
ハメをはずしちゃいますポ

P1000533_convert_20090203230415.jpg
宗仁会スタッフと東京汐留歯科クリニック理事長の日坂先生&理事の金子さん。
日坂先生の歯科クリニックは、医者も通うとても評判の良いクリニックです赤十字( ゚3゚)ノ12x12
http://www.tsdc.jp/
(私も矯正治療相談中鼻血


お仕事ブログはコチラ
スポンサーサイト

テーマ : 楽しく生きる - ジャンル : ライフ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。