スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リゾートでのお楽しみ☆絶品北インド・マハラジャ料理

DSCN0669_convert_20080714072227.jpg

蓼科東急リゾート内にあるナマステ
シェフのケーシー・シンさんは、洞爺湖サミットでの参加を打診される程の腕前で、
気候や健康状態に合わせてスパイスを調合して下さる料理は
本当にどれを食べても絶品です。
(食べ過ぎ注意うしし
是非、事前にダイエットのポイントをお読みくださいダウン
http://ameblo.jp/miwakowatanabe/day-20080713.html)
ナマステではカレーも含めて、作り置きをせず、
オーダーがあってから、一つ一つ作るそうです。

口いっぱいに広がるキラキラ絶妙なスパイスは、
五感を刺激する料理です。
初めてのゲストには、インド料理を知り尽くしたお姉さん、みどりさんが
丁寧に一つ一つのスパイスの効能を解説してくれます。
この話がおもしろくて、料理を盛り上げます!
DSCN0678_convert_20080714072418.jpg


最初に食べるのは、もちろんタンドリーチキンブルーのきらきら
本当に柔らかくて、味がしみていて、ココのチキンを食べてしまうと
他のお店にはいかれませぬ。

1枚1枚シャキシャキの高原レタスにくるんで頂きます。

そしてこれが不思議!タンドリーチキンを最初に食べると
食欲がでるのです。
その後のお料理をさらにおいしくしますOK
DSCN0682_convert_20080714072754.jpg

次は揚げ物。高級魚、黒ムツのフライが絶品です。
さくっとした衣の中は、ふわふわの白身。
コクがあります。
諏訪の姉妹店に行くと、この黒ムツのグリルがあって、
んー、これはとろけますまるふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
200807121811000.jpg

そして、他では絶対に味わえないチキンサラダブルーのきらきら
何種類ものスパイスが口の中に広がり、
生なのにちっとも辛くない紫玉ねぎや、甘いキュウリ、トマトなどゴロゴロ入った
野菜と香ばしいチキンが絶品です。
東京に帰って、この味を思い出してしまうと食べたくなってつらい笑う汗とか
DSCN0688_convert_20080714073304.jpg

そして消化機能が整ったところで、カレーです。
食べかけの美しくない絵文字名を入力してください写真でごめんなさい汗あせ
この週末だけで諏訪店も含めて3回も訪問しているのに、
毎回お料理が出てくると、わー音符と食べてしまい、
写真をとるのを忘れてしまうのです笑う
煮込まず、小麦粉をいっさい使わないのに、玉ねぎなどの豊富な野菜を炒めたとろみが
ナンにうまくからみます。
どのカレーも其々に個性があり、絶品です。
DSCN0684_convert_20080714073139.jpg

ナンは巨大!カロンジという黒いスパイスが入っていないナンは偽物!と
みどりさん。
もっちりして、香ばしくて、こんなに美味しいナンは東京では食べられません。
私たちはサフランライスも頼むので、ナンは3人で1枚で十分です。

こんなに、こんなにたくさん食べているのに、本当に不思議。
スパイスの効果なのか、胃にもたれないのです。
自然の力を感じる絵文字名を入力してくださいお料理です。
DSCN0599_convert_20080714073707.jpg

諏訪にも姉妹店があり、(蓼科店はハイシーズン以外は週末のみオープン)
値段はずっとお安いのですが、お水でしょうか。蓼科店のお野菜の方が
甘くおいしく感じます。
食材って、ちょっとしたことで影響を受けて不思議です。
スポンサーサイト

テーマ : 食べ物 - ジャンル : ライフ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。